FC2ブログ

クイズGP

私は、大学でクイズサークルというものやらに入っている。これまた、地味だと思いがちだが、2年目後半を迎え、実に深い世界だということがわかるのである。これをF1と合わせると面白いと思い、今回、作ってみた。
答えはコメント欄でも書いていただけたらと思っている。

①現在のところ、フランス人F1ドライバーの中で、最も最近に優勝したドライバーは?
これは、ミクシーでは、ほとんど答えが出なかった。

②キミ・ライコネンが07年、シーズン前にチームに無断でスノーモービルレースに出場しました。
この時、キミが使っていたエントリーネームは?

③かつて、古舘伊知郎があるドライバーを評して言っていたセリフです。「F1テロリスト」「情緒不安定男」「走るイエローカード」さて、誰のことでしょう。?
3問目すべて、共通の人です。ヒント かつて、セナに鉄拳くらってました。

さて、どうでしょうか?正解は後日発表
スポンサーサイト



アルバートパーク それは世界一危険な公園

これは、mixiにてF1開幕戦直前に書いた日記である。
その後、今感じる事を書いてみた
つい数週間前、アルバートパークでのオーストラリアGPでの収支がまたもや赤字だというニュースがあったのを思い出した。好きなサーキットだけに来年以降、どうなるやら不安です。

今年は、ウェット状態からのスタートであり、アロンソ、バトン、ミハエルの3台が1コーナーで接触、レースはバトンが制し、ジャシカと仲良く「ヤッターーー」と日本語で喜びを表したのを思い出します。
そういえば、バトンは序盤戦以降、全く優勝できていないんですよね。
このころまだ、カムイは苦しい時期だったな・・・・・


アルバートパークといえば、とにかく荒れる。1コーナーでの接触は、毎年起きますね。
やはり、衝撃的瞬間といえば、これでしょう。

「Oh!!! Contact!!!] (あっと、接触!!!!!!)
当時、ウィリアムズBMWにいたラルフ・シューマッハ、1コーナーで、当時フェラーリのバリチェロを抜こうとしたらブレーキングが間に合わなくなり、そのままバリチェロのリアに乗っかって、飛んでしまった。
後続も大混乱し、1コーナーで無残な姿に・・・・

しかし、このころはもし、赤旗が出れば、再スタートになっていたため、1分41秒の場面で一度、マシンを止めたドライバーがピットへ向かって走っている。これは、スペアカーで再スタートしようという事だ。
このレースでトヨタは、ミカ・サロが入賞し、初ポイントを獲得している。

レース全容はこちら、
そうだ、ウェバー、ミナルディでのデビュー戦で5位だったんだよな。この曲は、グランツーリスモに入っていますよね。完走8台の荒れたレースでした。
それにしてもこのころのマシンは、やはり、F1らしくカッコいいと思うのは僕だけであろうか、昨年からの空力パーツの制限により、もはや今のマシンは、別のカテゴリーのマシンになってしまった。(まあ、とっくに慣れたが・・・)
ミハエルは、この頃の栄光に、再び戻る事ができるのか??

3月の出来事

この出来事は3月19日にミクシィに書いた日記です。
先日、ある番組収録の観覧でお台場に行ってきました。収録は深夜だったのでまだ、2時間ほど時間がありました。りんかい線で東京テレポートに降りる。

さすがに男一人でお台場は・・・・・
さて、けっこう前から見に行きたいと思っていたのが、メガウェブというトヨタさんが管理しているとされるショルームみたいな展示場です。
トヨタさんがF1撤退し、F1マシンの走る姿は、10月にもはや見られなくなりました。
お台場では、D1(ドリフト)グランプリもやっているんですよね。
 ショールームにはGTでの脇坂、アンドレ組が乗っているペトロナストムスのマシン、Fポンのマシンがさびしそうに展示されていました。

 トヨタF1の軌跡や撤退発表後のフジでのファン感謝イベントの映像が流れていました。1階にあるユーロスポーツというF1ショップに立ち寄ってみた。東京では、池袋、新宿、渋谷にあるんだろうと思ってはいましたが、いまいち行っていませんでした。いやー見てるだけで楽しい。
もう、あまり買えなくなるだろうと思い、トヨタF1のチームキャップ、ステッカーを購入、店員さんとお話もさせていただくことができました。(お仕事中に申し訳ないです。)

 さて、日本にとって車社会とは、どうなのか?家電製品化されてしまっているだろう。単なる移動手段にすぎないという考え方が多くなってきた。各メーカー、苦労しているんだろうな・・・
 そりゃ、自分含めて若い世代が将来不安がありますからね。消費しないのは、目に見えています。クルマを眺めながら考えることであった。

アイドルについて、とにかく書く回(AKBが売れた理由とは)

今、思えば、1年前、僕はAKBの中で顔と名前が一致する人があっちゃんこと前田敦子さんしか知らなかったな・・・
大島優子という名前も知っていましたが、顔がなかなか覚えられなかった。
そして、1年後、今や日本を代表するアイドルグループへと成長し、彼女らをテレビやラジオで聞かない日々はほぼないといっていいだろう。

僕もある程度メンバー覚えましたよ(笑)僕はライトなファンですが・・・(研究生は、まだ馴染みがないので数人しか知りません)

ちなみにですが、僕はDD(誰でも大好き)的なので、あっちゃん、優子、麻里子様、こじはる、たかみな、もっちい、かさい、まゆゆ、ゆきりんなどが好きです。皆、それぞれ個性があるのが面白い。
私自身、AKB48という名前は、06年から知っていました。(確か、「会いたかった」をMステで披露していた)それが、今やこんなことになろうとは、
話はそれましたが、人気となった理由として
一つはメンバーそれぞれが、様々な趣味やバックグラウンドを持っているので、年齢層が広い
例えば、まゆゆは、アニメが好き、こじはるは、アイドルが好き、もっちいは、野球に通じている。そういうことが人気につながっているだと思います。
もう一つは、これは、アイドル論?で大事なことですが、男性は、「何か育てること」に興味があるようです。
私も含めてそうですが、アニメやゲームには育てるという要素があります。育てることで自らの欲求を満たすということが大事なんですね。
ところで、僕はAKBの握手会に限っては、行った事はないですし、今後、行くつもりはないかと・・・
あまりにも人気になりすぎて、飽和状態だからです。一部では、AKBの人気はもう右下がりという声も聞かれます。でも、しばらく人気は続くと思うんですよ。テレビ局や広告代理店の力もありますからね。
握手会行くとしたら個人イベントになるかな・・・6月のよみうりランドの握手会行こうとしていた自分がいたなwww
ちなみにですが、今月終わりに行われる、僕の大学では大学祭が行われ、ノースリーブスが来るらしいです。(昨年は、AKB自体が来たみたいです)
理由の所で言い忘れたことがあります。もう一つ、人気を集めた理由としては、中高生からの人気でしょう。
中高生だとチケットが安くなるんですよね。(チケットの色がピンクなので、ピンチケと呼ばれる)
僕が中学、高校の時は、モーニング娘の人気がなくなってしまい、特にアイドルグループがあまり登場しないかったため、一つの空白期間だったかもしれません。だから、アイドルにその頃はあんまり興味なくなったのかな

僕がモーニング娘の大ファン(僕はなっちこと安倍なつみさんのファンでした。)だったころは小5,6でしたから・・・ということで今回はこれで終わり、次回は僕がAKB以上に好きなアイドリング!!!をご紹介

長らく放置状態でごめんなさい

本当に7か月も放置してました。
なぜ、書かなくなったのか言うと
一番の原因は、私がミクシィで日記を書くようになったことだと思います。
せっかく、ブログを作ったのだから、今日から再び、書こうと思います。
今までブログ見てくださった方には、申し訳ない思いでいっぱいです。


3月から日記を書かなくなってしまい。私自身、いろんなことがありました。
F1に関して
もうすぐ、鈴鹿ですね。
今年も結局、テレビ観戦となりそうです。なんか、自分にはテレビで観戦していた方が向いているのかなと最近、思います。3月からの活動も遅れながらも書いていきたいと思います。ちなみ、今年は、ウェーバーにチャンピオンを獲ってもらいたいです。あういう、地味な(失礼ですが)ドライバー好きなんですよ。

趣味に関して
夏休み通して、アイドルファンになってしまいました。握手会にも人生初行きました。
今はAKBも好きですが、アイドリング!!!が好きです。特に9号の横山ルリカさんを応援してます。

大学生活
夏休みも終わり、後期も始まり、あっという間だなと・・・・あの灼熱の暑さの夏も終わり、秋らしくなりました。2年も後半戦です。

最後に
そういえば、mixiと同じ内容、こっちに上げれば良いことだったんですが、面倒くさがりなもので、全く放置してました。今日から一気に書いてやるーーーーーーーーーー、復活!!!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

もうすぐ開幕戦ですね

ミハエルが引退した2006年、この年は、開幕はバーレーンでした。
実に4年ぶりの復帰となります。今シーズンは、ベッテル君にチャンピオンを獲ってもらいたいと思うところです。(そろそろ獲らないと、後になって弱いチームに移籍する可能性だってありますから・・・)
さて、2006年の開幕戦を振り返ると、1位アロンソ、2位ミハエル、3位キミ
だったわけです。

あと、このレースでのハイライトはですね。動画の3分10秒あたりのピットアウト直後のアロンソとミハエルの1コーナーでの攻防でした。それから、その直後に出てくるんですが、ニコ・ロズベルグが確か、ファステストラップを記録したんですよね。ニコは、1年目だったけな・・・
そうそう、スーパーアグリも初戦でした。

シーズン開幕が楽しみです。今年も地上波は竹下アナでしょうかね。

今年のF1中継の解説は???

例年、地上波では、森脇さん、右京さん、マッチという布陣でやっていたわけですが、昨年12月の右京さんの壮絶な悪夢があったわけで(今頃、どうなっているのか・・)
解説者がいなくなってしまいました。マッチは、GTの監督やっているので、厳しい。
昨年、日本GPに出ていた、琢磨もインディ参戦ということで難しい。
ということで可能性としては、アグリさん、脇坂さん、ドリキンこと土屋圭市、熊倉さんあたりかな・・・・川井ちゃんと今宮さんは、CSですね。昔は、今宮さんが解説で、川井ちゃんがピットレポートしていたんですよね。懐かしいな
ちなみにドリキンと熊倉さんは、過去(95年)に互いの価値観が衝突し、放送中にも関わらず、口論してしまったことがありました。
無線をきちんと訳せる方がいいかもしれませんね。

ずっと前から気になっていたことですが・・

今まで(昨年の6月)までニコニコ動画を観てこなかった僕にとっては、ユーザーとなった今、思うところあるのですが、F1ドライバーニックネーム(けっこう皮肉的なモノが多いような)、もともと2ちゃんの方であった名前も多いですが、
とにかく、今回は、F1ドライバーおよび関係者のあだ名を紹介してみようの回です。
ミハエル・シューマッハ
通常 そのまま、皇帝、ターミネーター(けっこう古い気が)、マイケル(これは、ミハエルがこういうふうに言って欲しいと言ってました。)
2ちゃんおよびニコニコ 顎(確かにそうかもしれないが、ぞんざいに扱っている気が・・・・何度もチャンピオン獲っている人間に顎はないと思うのだが・・)
個人的にはミハエルが一番、ちなみに昔は、実況でミハエル・シューマッカという人がいました。

フェルナンド・アロンソ
ネットでは、眉毛です。これもひどい扱いだな
ハミルトン
ハミルトンに対してのアンチは、多いですね。ゴキルトンとかつけている者もいますし・・・なんか差別している風潮があるな・・・まあ、2007年がいろんな意味でセンセージョナルでしたから
デビット・クルサード
ずばり、この人は、「顔の四角さ」でキマリらしい。
イギリスでは、「食パン」日本では、ぺヤングソース焼きそばのパッケージが四角いことから「ペヤング」もしくは「先生」といったりする。ちなみに彼がミスをすると「湯切り失敗」というのだ。
まろやかーなレース運びですね。081104_coulthard.jpg
この写真すごいなwwww、しかも大盛りとのコラボですよ。でも、この人は、マクラーレンで不遇な時期を長年過ごしたんだが、ヘリの事故からも奇跡的に助かり、そのあとのGPで2位を獲得してるんですね。ヘリでコリン・マクレーという伝説的なドライバーは、亡くなってしまいましたが・・


マッサは、「まっさん」「抹茶」、ハイドフェルドは「肉」、ライコネンは「ライコ」「雷」、ウェーバーは「旧字体のえ」、あとなんだ・・ヤルノは、「鶴」でした。「オーケーヤルノ」が好きでした。wwww
フィジケラは「フィジコ」っていいますね。琢磨は「たっくん」、一貴は「カジキ」、バリチェロは「バリ」、クビサは「わかめ」(ヘアースタイルが??)スーティルは「すーさん」です。あと06年のサンマリノまでスーパーアグリにいた井出祐治は、「IDE」となぜか、ついています。
川井一仁(昔は、地上波のピットレポート、現在はCS)→「川井ちゃん」ですね。
塩原恒夫アナ(F1の実況歴が一番長い)→ポエマー
このポエムやダジャレには、嫌がる方も相当いるかもしれませんが、僕はものすごい好きです。
でもやはり、07年のヨーロッパGPのラルフがリタイヤ際のアレで非難が増えたかも、でも、好きだな・・・
浜島さん(ブリヂストンの開発本部長でしたっけ?)→ハミーと一部では言われる。
フランク・ウィリアムズ→「車椅子の闘将」 有名ですね。
パトリック・ヘッド→「鬼軍曹」そうそう、古館さんが昔、いっぱいつけていたんですよね。そうすると無限に近い
あの頃は、あの頃でまたおもしろかった。マンセルとかね。
ケン・ティレル(ティレルチームの創始者ですよね?)→「ケンおじさん」、ティレルなのかタイレルなのか分かりませんが、懐かしい。6輪車ありましたね。
フラビオを「マフィア」という人いたな・・確かにそうっぽいけど。マリオ・タイセン(BMWザウバーの監督)
そのまま、マリオといえば、野田社長という人もいました。確かに似てるなwwww
エイドリアン・ニューエイ→「空力の鬼才」かつて、セナが最後にドライブしていたウィリアムズのマシン、キミが2004年にドライブしていたガラスようなF1マシン、そして、レッドブルのマシンと近代F1の歴史と切っても切れないお方ですね。
セナは「音速の貴公子」プロスト「プロフェッサー」
個人的にはアレキサンダー・ブルツに「教授」とつけたいですね。
あとミシュランが供給していた時にピエール・デュバスキエという人がいました。「デュバ爺」と呼んでいたみたいですね。
フレンツェンは「HHF」単なる略ですね。フェルスタッペンは、「逝ってヨス」しかし、この二人はあまり運がなかったというかなんか残念なF1キャリアでした。
アンサイクロペディアとかみるともっとひどいのはたくさんあります。キミは「フィンランドの酔っ払い」ハッキネンに「恐妻家」まあ、事実かもしれないが・・・

そういえば、・・・

えー開幕まであと10日かよ・・・・
金曜フリーとかも含めると8日・・・
なんでかは知りませんが、最近のF1に興味が薄れてきたってことでしょうか。
ちなみに今年は、バーレーンからです。テストの様子とか全然注目していなかった・・・
そういえば、WRCってどうなったのやら。なんか開幕はミッコが勝ったような

考えてみれば、昨年、レッドブルと接触していたのは、WRCのスポンサーについてのことだったんですね。
プロフィール

Iceman Akihiko

Author:Iceman Akihiko
Iceman Akihikoのブログへようこそ
ここでは、モータースポーツから僕の趣味、日常に至るまで様々なことを
紹介するブログです。どうぞ見に来てください。過去の記事もアレンジしているので覗いてみてください。
年齢 19(10月17日生まれ)
血液型 A型
星座 てんびん座
身長 171センチ
体重 59キロ
F1歴 3年

カテゴリ 
注目記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
気に入っていただければ、このバナーをクリックしていただけると幸いです。 1クリックがとても励みになります。 TREviewTREview
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる